辛く悲しい人生を歩まない為に【早期発見で癌の転移を予防】

患者

がんの転移や再発の予防法

花

免疫療法が今注目です

転移がんという言葉を、目や耳にしたことのある方は多いでしょう。がんに罹って一旦は回復したものの、がん細胞が血液やリンパ液に乗って他の部位へと移動し、そこで再びがんが発生するのを転移がんと呼びます。これに対して、最初に発生した部位にわずかにがん細胞が残っている、あるいは一旦治ったものが再び悪化したという場合は、再発がんと呼びます。転移がん、または再発のリスクを防ぐには、手術後の薬物療法や放射線療法があります。ただし薬物には副作用があり、放射線も人体に影響があります。そこで最近では、免疫療法が行われることもあります。これは患者の体内のリンパ球を体外で活性化させ、その後体内に戻して、目に見えないがんや転移がんを防ぐ方法です。これですと元々自分の体内にあったものなので、負担がきわめて小さくて済みます。

負担が少ないのがメリット

転移がんを防ぐのに有効なこの免疫療法も、場合によっては制約がかかることもあります。まず、白血病に代表される血液のがんには、これを適用することはできません。また化学療法、いわゆる抗がん剤により治療を受けている場合には、リンパ球培養ができないことがありますので、できれば化学療法を始める前に、リンパ球培養のための採決を行っておくのが望ましいといえます。また免疫療法は、それ単独で行うのではなく、やはり化学療法や放射線療法と併用する形で治療を行うことになります。しかしこのような場合でも、体への負担がかなり少なくなり、普通の生活を送りながら、転移がんや再発を防ぐことができるようになります。特にがん細胞には、増殖しやすいものとしにくいものがありますが、その両方に対応できるのも大きなメリットです。