辛く悲しい人生を歩まない為に【早期発見で癌の転移を予防】

患者

高精度のX線照射治療装置

男性

患者の負担と苦痛を軽減

人の手ではなく、コンピューターの手により繊細な放射線治療を行うサイバーナイフが話題となっています。こちらは患者の微細な動きに合わせて機械の手が施術をコントロールしてくれるため、人の手より正確な治療が可能になっています。これまでの放射線治療では、患者が動くと放射線が腫瘍からずれてしまうため、正確に照射するために、患者の動きを固定する金属製の器具が必要でした。そのため患者の負担・苦痛は大きいものでした。しかし、サイバーナイフはコンピューター制御により患者のわずかな動きにも反応してそれを追尾するため、高精度に放射線を腫瘍に照射することができるようになりました。これによって固定器具は不要になり、患者の苦痛が大きく軽減したうえ、治療が何日にも及んだ場合でも、正確に腫瘍に放射線を照射できるようになりました。

X線治療をより安全に

サイバーナイフは細く絞った放射線を腫瘍に集中的に照射できるため、周囲の正常な細胞を傷つけることがなく、放射線治療をより安全・確実なものにしました。ロボットアームは自在に動くことができ、腫瘍の形に応じて最高1200方向からの放射線照射を可能にしています。これらの特徴により、サイバーナイフを使えば腫瘍の大きさや患者の年齢にかかわらず治療がおこなえるようになりました。麻酔薬を使わないため、患者の全身状態が悪くても治療が行えます。また、手術が不能な部位に対しても治療ができます。サイバーナイフはその特徴から脳腫瘍や頭頚部のがんなど、精密動作が必要な脳への手術が可能になっています。また、脊髄腫瘍、や脊髄動静脈奇形などの治療も可能で、従来では治療が困難だった部位も、サイバーナイフの登場で治療が可能になっているのです。