辛く悲しい人生を歩まない為に【早期発見で癌の転移を予防】

患者

最新医療と特徴

女性

骨肉腫はほとんどが手術によって病巣を切除するということが必要になってきます。骨肉腫は骨にできるがんなので、骨の部分を切除する必要があります。その切除した部分をどうやって埋めるのかということはとても大きな問題となります。一般的なのが人工関節を用いる方法なのですが、この人工関節は耐用年数に限界があります。だいたい10年から20年でまた新しいものに入れ替えなければなりません。こういった問題を解決する方法として最近、凍結療法というのがとられる場合も出てきました。これは腫瘍のある骨に何らかの処理を施してもとに戻すというものです。主に取られる方法は骨を液体窒素に浸し、がん細胞を死滅させて戻すという方法です。これだと元の骨を戻すので、フィットしますし、再度手術する必要も基本ありません。

骨肉腫の元も大きな特徴は一般的ながんと違って、20代以前の若い人に発生しやすいということです。そのため、本院だけでなく、家族の人も異変に気付いてあげることが早期発見には大切になります。骨肉腫の初期症状は様々ですので、異変を感じたらすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。骨肉腫の初期症状で最も一般的なものは骨の痛みです。しかし、骨の痛みといっても初期の状態ではごくごく軽い痛みで、運動した時などに軽く痛む程度のものなので、なかなか気づくことができません。症状が進行すると、痛みは激しく、ズキズキとしたものになり、何もしなくても痛むようになります。また、幹部がはれたり熱を持ったりしてくるようになります。