辛く悲しい人生を歩まない為に【早期発見で癌の転移を予防】

患者

早めの治療と検査で予防

医者

基本的な特徴と流れ

癌ができてしまうと、放置しておいたら徐々に大きくなり、やがて他の部位へ転移することもあります。この転移とはがんがもとの発生場所の他に移ってしまうことで、これにより体中に増殖してしまうようになります。この癌の転移の仕方としては、血管やリンパ管を通って他の臓器や骨へ移っていきます。最初はごく小さな癌だったとしても、そんなに長くない時間であっという間に転移が広がることも珍しくはありません。そのため、早急な治療や、定期的な検査が重要となってきます。また、癌には転移しやすい種類があります。一般的に、乳がんやメラノーマがそういう特徴が強くなっています。こういう特徴のある癌は、早期発見と転移を防ぐ治療、そして繰り返し受ける検査で予防していくことが最適です。

この先を考えた治療方法

癌の治療では転移することを前提に、他の臓器を摘出することも行われます。例えば、乳がんであればどちらか一方に癌があったとしても、もう片方の乳房の摘出も行われることはあります。これは十分に患者の意思を尊重して行われますが、今後のことを考えて両方の乳房を摘出する人も少なくありません。それぐらいその可能性は高く、リスクを極力抑えた治療法となります。そして、手術だけでなく、放射線や抗がん剤などを使って、癌そのものを小さくしていく治療もあります。これをすることで転移の可能性も低くすることができ、手術と比べて体への負担も軽くできます。癌は、若い人ほど進行が速い傾向があり、もちろん転移の危険性も高いです。癌の心配がなくても検診を受けていくようにし、万が一治療が行われても、検査を怠ることなく受けていくことです。辛く悲しい人生を歩まない為にも、検討していきましょう。

最新医療と特徴

女性

骨肉腫は術後の欠損した骨の部分をどう埋めるかが大きな問題です。最近では凍結療法という方法が用いられるようになってきました。この方法は今後主流になるのではと注目されています。初期症状では骨の痛みが現れます。続くようであれば一度診察を受けたほうが良いでしょう。

もっと読む